当社を騙る不審なメールにご注意ください

現在、当社の社名や社員名を装った「なりすましメール」が発信されていることが確認されております。

これらのメールは、悪質な詐欺メールであり、当社とは一切関係がございません。

メールに添付されているファイルを開封したり、メール本文中のURLをクリックすると、個人情報や連絡先等の情報が取得・送信され、悪用される可能性がございます。

これらのメールに対しては、決して返信や添付ファイル開封および本文中のURLクリックなどを行わず、削除されますようお願いいたします。

現在流通している不審なメールの特徴

2022年2月現在、弊社周辺で流通しております不審なメールは、Emotetというウイルスの感染者から得た情報をもとに送信されていると考えております。
「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

これらのメールには、以下のような特徴があります。

  1. 実在人物の名前を使用し、署名や引用がされている

    実在のメールアドレスと本人の名前、ときに電話やFAX番号、会社名が正確に記載された署名つきで送信されます。
    また、なりすましではない過去のメールへの返信として送信されることもあります。

  2. 添付ファイルまたはURLがついている

    ZIPファイルやExcelなど、一般的に業務でやり取りされそうなファイルが添付される場合があります。たとえexe形式の実行ファイルではなくても、不正な方法で、コンピュータに情報の窃取や送信などの任意の命令を実行させようとします。

  3. 適切な日本語や英語などのメッセージがついている場合もある

    業務に関係しそうな文書で開封を誘発するようなメールも少なくありません。

  4. 必ずしも騙られている本人が感染しているとは限らない

    Emotetは、感染者の過去のメールやアドレス帳を窃取し、感染者と過去にやり取りをした別の人を騙ってメールを送信します。そのため、不審なメールに送信者名として使われている方自身は感染していない場合が多いと考えられます。
    本人のコンピュータが感染していないことが何らかの理由で明らかであっても、なりすましメールの送信者名に使われる場合があります。

 

以下のメッセージは、実際に弊社および周辺の企業に対して送信された不審なメールの一例です。

不審なメールおよびEmotetへの対策

当社では以下の対策を徹底し、Emotetへの感染拡大および不審なメールの拡散に加担しないよう注意喚起を行っております。

当社からのものと思わしきメールを受信されました皆様におかれましても、感染拡大の防止のため、開封前の確認等にご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

送信内容と送信者の確認

送信メールアドレスと署名のメールアドレスが一致しているか、今現在その送信者からその内容のメールが送られてくることの了解がとれているかの確認を逐一おこなうよう、徹底した注意喚起を行っております。

このため、ご本人が送信したメールであっても、電話等のメール以外の手段で、実際に本人が送信したメールであるかの確認をさせていただく場合がございます。

添付ファイルの開封前確認の徹底

添付ファイルが不正なものではないか、開封前にウィルス対策ソフトや隔離されたUNIX系コンピュータ等を使って確認する場合がございます。いただいた添付ファイルに不審な点等が検出された場合は、ご相談の連絡をさせていただく場合もございます。

URLのアクセス前確認の徹底

不審な点のあるメールに掲載されたURLや、不正と思われるURLをクリックしないよう徹底しております。 いただいたメールに掲載されたURLの確認のため、ご連絡をさせていただく場合がございます。

不正ソフトウェア削除ツールの実行

EmoCheck (参考記事: マルウエアEmotetへの対応FAQ – JPCERT/CC Eyes | JPCERTコーディネーションセンター公式ブログ)等の不正ソフトウェア削除ツールを使用し、社内での感染または不正ソフトウェアの保存行為があった場合には、速やかに検出・排除できるよう対策をおこなっております。

攻撃指令サーバの情報共有と通信の遮断

攻撃指令サーバ(いわゆるC&Cサーバ)や不正メールの配信サーバ等のリストを頻繁に更新し、それらサーバとの接続を遮断することで、万一感染があった場合にも、実際の攻撃やメール配信に情報を使用されないよう対策を行っております。

50周年記念事業:北海道小樽未来創造高等学校PTA様にICT機器を贈呈

北海道小樽未来創造高等学校PTA様へ令和3年7月26日にICT機器を贈呈しました。
 コロナ禍におけるオンライン授業やオンライン面接、部活動などで利用するPCが不足している状況とお聞きしました。
同校は地元小樽に多くの人材を輩出しており、弊社にも卒業生が多数在籍していることから同校への教育支援に資するため、
弊社創立50周年事業の一環として実施したものであります。

未来創造高校寄付

50周年記念事業: 小樽市に寄付金を贈呈いたしました

 当社は、本年2月に創立50周年を迎えました。
「地域デザインコンサルタント」を掲げる当社として、このコロナ禍において少しでも地域に貢献したく、創立50周年記念事業の一環として326日付けで小樽市様に寄付金壱百万円を贈呈いたしました。
 HRS株式会社は、今後も地域とともに発展できる会社を目指し、事業を続けてまいります。

(写真提供:北海道建設新聞社 様 北海道通信社 様) 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する対策と、お問い合わせ・お打ち合わせにつきまして

新型コロナウイルス(COVID-19)への対策といたしまして、弊社では2月下旬から

  • 休暇取得の奨励と時間差勤務の実施
  • ビデオ会議システムの活用
  • 営業など渉外活動の自粛
  • イベント・集会等への参加自粛

を行ってまいりました。

これに加え、昨今の全国的な感染拡大と道内の患者数増大傾向を鑑み、以下の対策を開始いたしました。

  • 4月7日より、1階受付以外への関係者以外の立ち入り、1階会議室以外でのお打ち合わせをご遠慮いただく措置
  • 4月16日より、出社人数7割減を水準とした全社体制でのテレワークの実施

これらの対策により、業務に関連しての対人接触および対面を8割減少させることを目標としております。

お問い合わせへの対応に少々お時間をいただくなど、ご迷惑をおかけする場合もございますが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

また、お取引先様で、弊社関係者との会議やお打ち合わせ、情報伝達にビデオ会議を利用したい場合は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

フルハーネス型墜落防止用機器特別教育を実施しました

令和2年4月17日(金)にフルハーネス型墜落防止用機器の特別教育を社内で行ないました。

労働安全衛生法等の改正により、従来の安全帯からフルハーネス型の墜落防止用器具の着用が義務付けられたことから、社内で特別教育を行いました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため職員はWEBシステム(ZOOM)を活用したオンライン講習で自席で講話を聴いたほか、実装着練習は少人数入れ替え制としてフルハーネスの装着方法を学びました。

新型コロナウイルスに関する弊社の取り組みについて

新型コロナウイルス(COVID-19)への対策といたしまして、弊社では休暇取得の奨励と時間差勤務の実施、ビデオ会議システムの活用、営業など渉外活動の自粛を行っております。

お取引先様にはご不便をおかけすることもあると存じますが、何卒ご容赦のほどよろしくお願い申し上げます。

弊社代表取締役会長のお別れ会を開催しました

2019年11月7日に逝去された当社 鈴木 哲夫代表取締役会長(享年66歳)の「お別れ会」を11月27日、小樽市内のグランドパーク小樽で行ない、当社の社員、山の手博物館スタッフ、友人、業界関係者などおよそ300名が別れを惜しみました。

会場内の展示コーナーには家族や社員との思い出の写真、山の手博物館の館長として道内各地を巡った活動で撮影した写真、愛用品や道具などを展示。多くの参会者に立ち寄っていただき、在りし日の会長との思い出話があちらこちらから聞こえてきました。

鈴木哲夫会長は1952年11月15日に旭川で生まれ、1985年に故鈴木喜一郎(父)が創業したHRS(株)の前身である北海道調査測量(株)に入社。1991年に代表取締役社長に就任し、2018年11月に代表取締役会長となりました。

2004年には札幌市西区に「地図と鉱石の山の手博物館」を開設。

北海道内外の鉱山資料、鉱石や岩石、隕石及び鉱物、各種地図等を展示し、地域や各機関での教育活動や交流・情報交換などを支援、そして地質・環境に関する啓蒙普及に尽力をされました。

ここに謹んで鈴木哲夫会長の生前の功績を称えるとともに、心よりご冥福をお祈り申しあげます。

 

地域清掃ボランティアを行いました

2019年8月27日、札樽地区測量設計協会による清掃活動に参加いたしました。

この日は小樽運河散策路の雑草・ゴミ拾いを行いました。

令和元年度 社内技術発表会を開催しました

弊社では、技術力の向上と相互理解、新技術の紹介を図る目的で毎年社内技術発表会を開催しています。

令和元年度は8月23日、ウイングベイ小樽内にあるヲタル座にて実施しました。

令和元年度 労働安全衛生大会を実施しました

令和元年度の労働安全衛生大会を、ウイングベイ小樽3階にあるヲタル座にて開催しました。

今回はフルハーネス型安全帯についてスリーエムジャパン株式会社様より実物を用いたご説明をいただきました。
また、交通事故の現状と安全対策に向けてというテーマで北海道札幌方面小樽警察署 交通第一課 高橋係長様からも講話をいただきました。